学進舎Yセミナーブログ » 2012 » 5月

学進舎Yセミナーブログ

阪神鳴尾駅前の進学塾です。入試情報やお知らせ、ちょっとした日記も掲載します。
5月 30

今週から中学生を対象に個人面談会が続いています。

中間テストのなかった中学校も多いですが、入試のことなどさまざまなお話をさせていただいています。

そして今回の面談から導入したのがこれです。

 

PowerPointです!

普段のお話をさらに分かりやすく説明するために具体的な数値などを合わせてより詳細なお話が出来るように作ってみました。

今回の面談で入試についてさらに分かりやすくなったと思っていただけたら嬉しいです。

5月 26

昨日はブログの更新ができなかったので、遅くなりましたが今日は

前回に引き続き、今春の公立高校の入試成績について詳しくお知らせします。

 

新学習指導要領で「理数系の充実」を骨子においていますが、それを意識した問題になったこともあったのではないかと思います。

具体的には前回お知らせしたように

理数系の難化

が特に目立ちます。

上の図は県教委が発表した今年と昨年の得点分布です。

 

数学では80点以上の比率が若干上昇したものの、

まだ全体の1.9%と非常に低い水準のままです。

 

そして、理科。

80点以上は14.3%→4.9%とかなり少なくなりました。

60点以上も14.6ptも減少しました。

 

その結果理数の高得点がかなり難しくなっています。

 

次に逆に低い得点の比率を見てみましょう。

40点未満しかなかった人の割合は

国語=7.8%

社会=16.5%

数学=45,2%

理科=28.1%

英語=35.9%

 

ここでは英数が難しいことがわかります。

新学習指導要領では「理数系の充実」のほかに「外国語教育の充実」もポイントにしています。

理数+英語の難化

は今後も続くのではないかと今回の入試結果を見て思いました。

5月 24

今日、県教委が今年行われた公立高校の一般入試の結果について発表がありました。

 

 

 

 

 

(画像をクリックすると拡大表示できます)

 

今年の入試でも理数の難しさが顕著に表れているように思います。

特に難しい数学は今年も80点以上が1%台、理科もかなり低くなりました。

詳しくは明日のブログで更新したいと思います。

5月 23

来週よりYセミナーでは中学生の保護者の方を対象に

保護者面談

が始まります。

お知らせについては一昨日から随時配布していますので、ご確認ください。

 

さて、Yセミナーでは今年も

夏から秋にかけて高校とのタイアップイベント

に向けていろいろ進めています。

 

今年も多くの高等学校にご協力いただく予定です。

それぞれの企画が決まり次第、ホームページでもお知らせします。

ご期待ください。

5月 22

今日は尼崎の人気校、尼崎北高校に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど定期テスト期間中だそうで、生徒もあまりいませんでしたがしっかり挨拶をみんなしてくれて、とても訪問していい学校だと思いました。

環境類型のクラスもとてもさまざまな活動で活躍しているそうです。

訪問レポートは近日公開予定です。

5月 15

今週からYセミナーの先生たちでいろいろな学校に訪問しています。

まず昨日は

女子の中高一貫校、神戸国際中学校・高等学校の先生から同中・高の説明をしていただきました。

少人数で指導される学校で、難関校への合格率がとても高く、Yセミナーの授業科目である算数・国語のみで受験も可能という面でも注目している中高一貫校の一つです。

明後日17日(木)は仁川学院高校に訪問します。

19日(土)には県立国際高校に訪問します。

 

また各校の内容などについては授業などで話をすることもありますが、

気になることがありましたら先生たちに聞いてくださいね。

5月 11

学文中学・上甲子園中学校ではまもなく中間テストが始まります。

Yセミナーではすでに中間テストが実施される中学校の塾生を対象にテスト対策が行われています。

今回は教科書も変わり、問題の傾向も変わるかもしれません。

テスト範囲は広くないので、高得点を目指しましょう。

 

明日から理・社の対策授業も始まります。

中1・2は通常授業では行っていないので、休まずにしっかり集中してがんばりましょう。

5月 8

高校選びをする時に多くの人が参考にする大学進学実績ですが、

ちょうど今日発売の「週刊朝日」という週刊誌

難関私立大学の

「実」合格者数

というものが掲載されていました。

 

この「実」合格者数。

これは結構重要で5年前のとある問題をきっかけに注目されています。

実合格者数とは私立大学の特徴で

私立大学では1人で同じ大学に何度も受験することができます。

そして、1人で何度も合格することができます。

たとえばAさんが1つの大学で5回合格するとします。

その場合は「合格者数」はのべ数ですので「5」とカウントされます。

しかし、この実合格者数は合格した人の数ですから「1」となります。

つまり、本当の合格した人数は「実合格者」となります。

もちろん、ここは現役・浪人の比率は分かりませんが、私立大学の合格者を見るときには参考になります。

 

詳細なデータはここではお知らせしませんが

Yセミナーの進路資料では

卒業者数と大学合格者数、私立大学の合格者数を中心に作成していますが、実際はこの人数も大切です。

卒業者の人数に対して、どれくらいの人が志望校に合格できるか

私立の場合はコース別でも理解するのもいいですね。

5月 5

早いもので明日でGWが終了します。

みなさん、宿題はきちんと出来ていますか?

 

今日はGW中の松田先生をブログに掲載したいと思います。

 

まずは4月29~5月1日は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またサイクリング、そしてRUNの3日間でした。

上の地図は29日のサイクリング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猪名川町まで行ってきました。

すごく景色がきれいなところですが、疲れてそれどころではありませんでした(^^;;

30日と1日はともに6kmのRUNと、30kmのサイクリングでした。

 

2日、塾で統一テストの採点をしていました。

結果は木曜日から随時返却しますね。

 

 

そして、

3日は高槻ジャズストリート。

このイベントは今年も10万人もの人が訪れるジャズの大きなイベントです。

 

 

 

 

 

 

この黒のTシャツを着て、高槻でいろんなジャズバンドの音楽を聴くことができました。

 

中にはこんな人も!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんど、みなさん知らないと思いますが

料理研究家の程 一彦さん

です。

彼は関西学院大学の軽音楽部出身でOBでメンバーを構成して出演されていました。

実は程さん、灘高校出身らしいです。

 

他にも有名なサックスプレイヤー川嶋哲郎さんや

毎年聴きに行く有名なジャズユニット

「Fried Pride」

さん

(この2人はすごいです!)

の演奏などを聴くことができました。

 

4日にもお昼に少しだけ

伊丹市立伊丹高校のBigbandを聴きに行きましたが、

すぐに大阪城ホールに行きました!

 

もちろん、見に行ったのは作詞を提供したあのグループです。

そう、

 

超満員で、立見もいっぱいでした。

 

ちょうどGW期間で初めてジャニーズのコンサートに行ったのですが、

自分の曲が始まると歓声があがったり、

ペンライトがきれいに上下に揺れたり、

踊ったりすごかったです。

 

来年ももしあれば行きたいなと思いました。

 

そろそろ中間テストのある中学校は対策が始まります。

GW気分のままテスト対策に臨まないように、気合いを入れなおしてくださいね。