学進舎Yセミナーブログ » 2012 » 9月

学進舎Yセミナーブログ

阪神鳴尾駅前の進学塾です。入試情報やお知らせ、ちょっとした日記も掲載します。
9月 30

朝から西宮市・尼崎市に発令されています暴風警報が継続されています。

そのため、本日の午後に予定していました中間テスト対策の授業は

休講

とします。

 

9月 30
休講のお知らせ
icon1 y_seminar | icon2 総合案内 | icon4 09 30th, 2012| icon3No Comments »

本日7:45に暴風警報が西宮市・尼崎市に発令されました。

そのため、

午前の授業は休講

となります。

なお、午後の授業は正午の段階で警報が継続されている場合は休講となります。

詳しくはこちらで再度お知らせしますので、ご確認ください。

9月 29

昨日、兵庫県教育委員会より

「高等学校進学希望者数等調査」

の結果が発表されました。

それに伴い、今日は西宮の各高校と県立芦屋・国際高校についてお知らせします。

(※詳細については兵庫県教育委員会のホームページを参考にしてください)

 

まずは複数志願の6校から。

昨年に比べて西宮市立中学に在籍する3年生の生徒数は98名の増加(5月1日時点)となっていますが、

公立の普通科に関しては+164名

の希望者となっています。

特に増加数が高いのは

市西宮・西宮北・西宮甲山

の北部3校。

 

 
そこに

県立西宮も過去5年間で最多の希望者数となっています。

また公立志向の強さは西宮南を志望している生徒の増加にもうかがえます。

「なんとしてでも公立!」

という考えで西宮南・西宮甲山を志望している生徒もいるのではないでしょうか?

 

今後、実力テストなども踏まえて志望校が変化してくるかと思います。

特に市西宮・県西宮は多いですが、受験校を変更する生徒も多くなると思います。

 

 

 

次に、その他の高校群です。

まずはYセミナー生が最も多く希望する西宮東のコース。

数理科学コースは減少したように見えますが、昨年が多かったので例年並みという感じでしょうか。

最終的には難易度は変わらないのではないかと思っています。

人文社会科学コースは4年目になり、希望者も安定してきた感じがします。

過去3年間ともに希望者数との実受験者数との差異が少ない学科ですので、今年も昨年並みの受験者数になるのではないでしょうか

 

 

国際系の学科(尼崎小田に関しては次回更新します。)

は国際高校で若干の希望者減がありましたが、大きな差ではないかと思います。

それに対して

鳴尾の国際文化情報は着実に希望者が増えています。

尼崎小田の国際探求学科と迷う人も多いですが、少しずつ知名度が定着しつつあるのかもしれないですね。

 

 

 

 

今年は100名以上の希望者がいた市立西宮のグローバルサイエンス(GS)科。

希望者数も着実に伸ばしていて、受験者数も増えるかもしれないですね。

 

 

 

 

総合学科として進学実績もよくなっている西宮今津も人気が上昇していることもあり、希望者数も増えているようです。

 

 

 

県立芦屋高校も安定した伸びを示しています。西宮・尼崎からは推薦での受験のみですが、例年グラフで分かる通り希望者数と推薦入試の受験者数が平行しているようです。

 

詳しい話はまた授業内で行いますので、この調査結果はみなさんの入試にどう影響するのか知っておいてくださいね。

 

9月 27

今日は、神戸龍谷中学校・高等学校の入試情報などをうかがってきました。

近年の大学進学実績の伸びからも急成長ぶりが目立ちますが、中でも英語や理系大学への合格実績は驚くばかりです。

詳しい話は後日学校訪問レポートを更新しようと思いますので、ご期待ください。

 

さて、中学入試の方で2点お知らせ。

まずは

プレテスト。

11月10日と12月1日に実施するそうです。

プレテストは無料ですし、受験する・しないは別として力だめしにチャレンジするのもいい機会だと思います。

関心のある方は塾生の方はすでに配布してある資料を提出してください。

塾生以外の方は神戸龍谷中学校のホームページにあるプレテストのコーナーをご参照ください。

http://www.koberyukoku.ed.jp/?page_id=2738

 

もう1点は入試制度の変更について(中学入試)

今までの3日間連続で実施していた入試が、

1月19日(土)に午前・午後でA1・B入試、1月20日(日)

の2日間実施になります。

そしてB入試は

国語or算数(or英語【英進グローバルコース】)の1科目入試

となります。

今年は

初日の午後入試を実施する高校が増えています。

中学受験をする方には「短期決戦」となる分、しっかりとした戦略を練りましょう。

9月 25

着々と課題テストの結果報告を受けていますが、すでに分かっていることから報告します。

現在、中1啓明中学の順位が出ました。

今回は

1~3位を独占しました!

他中学についても随時お知らせします。

9月 20

今日は大阪で開催された履正社高校の説明会に参加させていただきました。

履正社高校は近年国公立・関関同立などの難関大学への合格者数を伸ばしている学校で、どんな学校なのか関心があったので訪問させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

履正社高校のお話で特徴的だったのは、長い時間しっかり見てくれること。

15分間の早朝テストや放課後の進学講座(100分間)や授業時間数の確保をされています。

また、入試もアラカルト型という3科・4科(英数国+理or社)・5科の中から選ぶことができる形式を採っています。

 

近隣では学文・上甲子園・鳴尾南中学からも進学している生徒がいるそうです。

関心のある生徒がいましたら、さらに詳しくお聞きしようと思います。

9月 19

中3の夏期特別講習会の最終日に実施した

実力テスト(全国模試)

の成績を今日、返却します。

 

結果ですが

 

 

 

 

 

7月の夏期特別講習会前に実施したテストに比べて

塾生平均偏差値が

5教科 52.9→ 55.2

3教科(英数国)53.5→56.0

2ポイント以上の成績UPとなりました。

どれくらい伸びたか分かりにくいと思うので、これを得点に直すと

今回のテストで

偏差値53=298点

偏差値55=318点

つまり、約20点分の成績がUPしたということになります。

 

この夏期講習会だけで20点分UPという結果になりました。

しかし、まだまだこれから。

気を抜かずにさらに伸ばしていけるようがんばりましょう!

9月 14

最近、多くの高校のパンフレットがYセミナーに届いています。

そのため、

パンフレットラックが足りなくなり、新しく追加しました。

学校名も分かりやすく書いてあるので、必要な人はお持ち帰りくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

今日は雲雀丘学園へ訪問しました。

受験者数が年々増えている人気校ですが、来春の入試もその勢いは続きそうです。

改革が着実に進んでいるだけに、多くの人が期待しているのでしょうね。

 

9月 11

今日は嬉しかったことがあったので、報告します。

先日、実施した報徳学園の見学会の様子ですが、

報徳学園のホームページに掲載していただきました!!

http://www.hotoku.ac.jp/info/double/003268.php

 

ぜひご覧になってくださいね!

 

 

さて。

今日は須磨学園の学校説明会に参加してきました。

須磨学園の入試問題は今春から「公立高校の問題+α」のイメージで作成されました。

それにより、合格最低点がかなり高くなりました。

実際、数学を中心に高得点が続出したと聞いています。

来年度の入試も基本は変わらないそうですが、

数学は大問が1つ増えるそうです。

詳しくは授業内で説明しますので、参考にしてください。

今年は市西宮との併願がかなり増えているそうです。

やはりトップ校の併願校というイメージですね。

 

9月 10

昨日は、

京都府私立中学高等学校連合会主催の

「第4回フォーラム 挑戦する私学」

というイベントに参加してきました。

 

このイベントは第1部で

宮本延春先生の講演会

(宮本先生のプロフィールなどは

http://www.miyamotomasaharu.jp/

をご参照ください)

 

 

 

 

 

第2部はジブリ映画「猫の恩返し」の主題歌「風になる」や現在京阪電車のCMで使われている「Oh, My Friend」など

TVなどでよく耳にするウクレレを弾きながら歌う

シンガーソングライター

つじあやのさんのコンサート

http://www.tsujiayano.com/index.html

 

 

 

 

 

 

の2部構成で開催されました。

 

宮本先生の講演会のタイトルは

「オール1先生からのメッセージ ~逆境力~」

というタイトルだったので

中学時代悪かった人が…というよくある話かな?と思っていたのですが、

小学時代にいじめに遭っていたところから勉強しなくなった話や両親が他界されて苦労した話。

そこから小・中学生みんなに聞いてもらいたい話がいろいろありました。

 

たとえば、「当たり前」の反対って何だと思いますか?

「当たり前でない」

つまり

「有りにくい」なのですね。

漢字にすると

「有り難い」

そう、

「有り難う」

なのですね。

みんな、当たり前のことに対しても当たり前のように思ってはいけない

「ありがとう」の気持ちを大切にしないといけない。

そんな話を宮本先生がお話されていました。

 

また、

嫌なこと、つらいことを乗り越えることが大切。

何の問題もない日々を過ごしている人は「今のまま」で成長しない。

この「成長痛」を乗り越えて欲しいというお話をされました。

 

内閣に設置された教育再生会議の委員も務められたり、

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouiku/index.html

さまざまなテレビなどでも活躍されている宮本先生のお話はぜひ多くの人に聞いてもらいたいと思いました。

また機会があればもう一度聞いてみたいです。

 

 

そして、

つじあやのさんのコンサート

実はデビューの時からよく知っていた方なので、こちらもかなり興味があって行きましたが

やはりコンサート、おまけに前から3列目。

すごく声がきれいで、吸い込まれるような1時間でした。

聴きたかった「風になる」「Oh, My Friend」や京都ならではの曲など

楽しい時間でした。

 

 

京都私学は大阪や滋賀からも多くの生徒が来られますが、それぞれ独自の改革により京都への流入も減少しているようです。

それでも、「私学発祥の地」だけのこともあり非常に強い勢いを感じました。

京都府私立中学校高等学校連合会会長の山本綱義先生(京都精華学園理事長)のお話や

京都市長の門川大作さんのお話も私学の力を強く感じました。

 

同時に開催していた「中高展」も少しだけ伺いましたが、活気あるイベントとなっていて

兵庫県に負けないくらいのパワーが伝わってきました。

公立・私立ともにそれぞれの魅力があります。

みなさんにもそれを見る目を養ってもらえたら嬉しいです。

« 以前の記事へもどる