学進舎Yセミナーブログ » 2012 » 11月

学進舎Yセミナーブログ

阪神鳴尾駅前の進学塾です。入試情報やお知らせ、ちょっとした日記も掲載します。
11月 30

今日は中1の期末テストの点数を各生徒から聞き取りました。(啓明・大庄中をのぞく)

今回も

鳴尾中では480点台が3名

塾生平均点が418点

と好調です。

学文中でも450点以上が3名

平均点が403点

上甲子園中は平均点407点

と塾生平均が主要中学すべてで400点以上となりました。

残る中学でも在籍者の多い啓明中でも400点以上となってくれることに期待しています。

11月 30

現在、冬期特別講習会のお申し込みを受け付けておりますが、

小3の当初の募集定員をすでに大幅に上回っています。

 

そのため、今年度の募集枠をさらに追加しました。

しかし、それでも残りの枠がわずかとなっており、

間もなく募集を終了となるかと思います。

 

ご検討の方は、お早めにお電話の予約でも結構ですのでお申し込みください。

11月 21

今日は塾生より下の年齢の話になりますが、小学生の保護者の方にも参考になるかと思いますので4~6年生の保護者の方もご参考にしてください。

先月出版された「10歳までに決まる!頭のいい子の育て方 Vol.21」という雑誌。

こちらで

「3・6・9歳での男女別対応ポイント」

というものが掲載されていました。

 

3歳では男女差がほとんどないようですが

6歳から男女差が現れるそうです。

そこで男の子の育て方で

「女の子が、身の回りのことがきちんろできるのに対して、男の子は、まだ自分で髪が洗えなかったり、靴ひもが結べなかったりすることも珍しくありません」

とありました。たしかに多いですね。

そこで、この記事を書かれた高濱正伸先生は

「最低限、自分のことは自分でできるように『突き放す』ことも必要」

とありました。

小学生はもちろんのこと、中学生でもその傾向は続く生徒がいます。

その時はやはり将来が気になることがあります。

あえて、「突き放す」ことは大切だと私も思います。

少し気になる方がいらっしゃいましたら、頑張って突き放してみることもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに女の子の記事で9歳の記事に

「わかっているふりをしている子に注意」とありました。

ノートはきれいにとっている。宿題もこなしている。

表面的には問題なく学習しているように見えるものの、実はその内容を本当に理解していない子もいるという話です。

そういう子には周りからほめられる術を心得ているにすぎないということが書かれていました。

そういう場合はどうすればいいのか?ということも書かれていたり、小学生にはきっと役立つ話が多いと思います。

 

この雑誌は成績の賢さだけでなく、スポーツ選手(今回はサッカーの香川選手やなでしこJAPANなど)のことも書かれています。

また何らかの機会でご紹介できればと思います。

 

11月 16

今日は園田学園さんへ学校訪問レポートの取材に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はちょうど体育館で中学校のなぎなたの授業をしていました。

武道の必修化に伴い、園田学園ではなぎなたをされているそうです。

感心したのはなぎなたでも「礼」の仕方などの礼儀をしっかり指導されていたことです。

後日レポートでも書きますが、しっかりした女性を育てる方針に特に感心できました。

 

訪問レポート、楽しみにしていてくださいね。

11月 15

先日塾内でお知らせしたとおり、中3保護者対象(塾生の同伴も可)の

私立高校入試直前個別相談会

12月1日(土)~5日(水)

に実施します。

日程としては

12月1日(土)10:00~12:00 報徳学園甲子園学院

12月4日(火)17:00~18:30 須磨学園

12月5日(水)16:00~18:30 仁川学院

となります。1人あたり15~20分程度のお時間で各高校の入試担当の先生方と直接お話が出来るチャンスです。

専願・併願を問わず、ぜひご参加ください。

申し込みはメールにてお願いします。

 

11月 12
個人面談の成果
icon1 y_seminar | icon2 松田 | icon4 11 12th, 2012| icon3No Comments »

明日で小学生の個人面談がほぼ全員終了します。

すでに大半の方とお話をしましたが、中には厳しいお話をさせていただいた方もいました。

今日は6年生の授業でしたが、その成果もあり

今までと明らかに違ってしっかり頑張る姿があちこちで見えました。

30分前に来て漢字テストの勉強をしている子や算数の質問をする子、みんな前向きに勉強をしていました。

学校行事などで気が抜けてしまいがちな時期が終わりましたが、Yセミナーは

「宿題や普段の勉強をしっかりする子が集まる場所」

です。

その方針に対して各ご家庭がきちんと対応していただいているおかげで、このままがんばってくれれば6年生もいい学年になるのではないかと思います。

小学生はどうしても自分の意思で勉強できない人も多いです。

それでも各ご家庭でしっかりさせることも大切です。

Yセミナーでもそのサポートをしながら、中学生活で失敗しないように今のうちに勉強をする習慣を作っています。

このまま全員が毎日机に向かってくれることに期待しています。

11月 2

11月に入り、私立高校入試までついにあと99日になりました。

さてテレビのCMなどでも最近よく見かけるようになりましたが、

11月は「児童虐待防止推進月間」

というNPO法人児童虐待防止全国ネットワークが総合窓口を担っている児童虐待防止の広報・啓発活動の推進月間です。

簡単にいえば、

「オレンジリボン運動」

です。

私も2年前からこの運動に協力し、11月にはなるべくオレンジリボンを付けるようにしています。

はじめは協力の依頼があり始めたことですが、まだ2年前は現在ほど見掛ける機会が少なかったのではないかと思います。

この運動が少しずつ、少しずつ広がることから児童虐待が激減するかというと正直なところ分からないですが

意識を持つということは大切だと思います。

 

テレビのニュースでも野田首相や多くの方がオレンジリボンを付けられています。

 

今月は多くの方が付けていますが、なぜ付けているかちょっと関心を持っていただけますと嬉しいです。

ちなみに、オレンジリボン運動については下記リンクバナーにあります「NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク」のホームページで掲載されております。

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」