学進舎Yセミナーブログ » 2013 » 4月

学進舎Yセミナーブログ

阪神鳴尾駅前の進学塾です。入試情報やお知らせ、ちょっとした日記も掲載します。
4月 27

先日の私立中学校のイベントのご案内に続き、

神戸龍谷中学校からも小学生・保護者対象のオープンスクールの案内が届いています。

 

神戸龍谷中学校のオープンスクールは

6月1日(土)10:00~

場所は神戸龍谷中学青谷学舎

 

授業見学や英会話・理科実験の体験授業を受けたりするそうです。

塾生の方はYセミナーの先生までお尋ねください。

4月 23

昨日、大阪・明星高校より大学進学実績についての状況を教えていただきました。

今年は京大・阪大・神大など難関大学への進学が特によい実績をあげられていましたのでこちらに掲載します。

 

京都大14名(うち8名現役)

大阪大34名(うち22名現役)

神戸大23名(うち14名現役)

北海道大5名(うち2名現役)

大阪市立大13名(うち11名現役)

大阪府立大21名(うち11名現役)

兵庫県立大11名(うち5名現役)

など

国公立大学195名(うち現役101名)

と生徒数の3割近くが現役での国公立大学に合格しています。

また、92名しかいない3カ年コース(高校受験での入学コース)の実績も

京都大3名

大阪大11名

神戸大6名

大阪市立大1名

大阪府立大3名

など国公立大学に45名

合格されているようです。(※現浪計)

 

電車でも通いやすい注目の私立高校です。

昨年、私立高校説明会で参加していただいた明星高校。

大阪ですが、実は意外と近い高校です。

4月 22

昨日、親和中学校に訪問しました。

IMAG1356

 

 

 

IMAG1357来年度より

「Sコース」を設置し、

従来の「総合進学コース」を含めた2コース制になるという発表がされました。

それに伴い

■学力の進化~希望進路を実現させる学習環境~■

・週6日制の導入

・45分授業から50分授業への1時限ごとの時間延長

など

■人間力の進化~探求型学習とキャリア教育~■

・プレゼンテーションなど

(今までの親和中・高で実施されていたもの)

■国際化の進化~グローバル教育~

・異文化体験旅行

・ネイティブ教員の増員

・英語キャンプなど

といった3つの点での

「進化」

による教育改革をされるようです。

 

新コースとなる

Sコースは

英数を中心に時間数の拡大を行い、中2の段階で中学3年間のカリキュラムを終わらせるように予定されています。

また、3つの進化の中でもある、探求心という育て、実践力を身につけ

京大・阪大・神大などの難関国公立大学を目指すコースとなるそうです。

 

 

今春の進学実績は

京都大 2名

大阪大 7名

神戸大 9名

大阪府立大 8名

大阪市立大 6名

兵庫県立大 10名

など国公立大に71名

関関同立にのべ233名

(※4月1日現在)

 

と難関大学に数多く合格している親和中・高です。

特に理系学部への進学が多く

Sコース設置によってどう

「進化」

されるか注目です。

 

新コースのリーフレットと5月3日に実施される文化祭の案内が欲しい人は塾内に置いていますので、自由にお持ち帰りください。

 

親和中・高の近くの歩道橋から撮った写真です。

海が見えてきれいな場所でした。

IMAG1358

4月 19

今年も多くの私立中学で学校説明会や見学会が行われます。

先日お知らせした雲雀丘学園中学(5/19)に続き

5月18日(土)は報徳学園中学が見学会&説明会を

5月24日(金)は須磨学園中学がプレラホールにて説明会を

6月6日(木)には仁川学院中学が学校見学会を

実施します。

その他の中学も親和中学などお知らせを聞いていますので、関心のある方はお尋ねください。

4月 17

産経新聞を購読されている方、ぜひ今日の

阪神版23面の左下の方

をご覧になってください!

 

Yセミナーの広告が載っています。

IMAG1285

 

初めてのことだったので、

Yセミナーでも10部ほど買ってしまいました。

4月 9

今日は大阪の最難関女子校となる

四天王寺中学校・高等学校

からのお知らせです。

 

四天王寺高等学校

は来年度より

従来の英数コースに加え

理数コース

を設置することが決まりました。

理数コースはその名のとおり

医歯薬・理系の最難関大学

を目指すコースとして英数コースの上位クラスの位置づけをされるようです。

(ですので、理数コースを志望される生徒の英数コースへの回し合格があります。)

 

また、

入試科目が3教科に変更されます。

 

兵庫県の高校では3教科入試が多いですが、大阪では5教科入試が主流です。

今後の入試の影響に注目です。

 

 

また、

中学校

もさらに従来の英数Ⅱ・Ⅰコースに加え

医志コース

を設置します。

こちらも従来の2コースの上位コースとして位置づけられる

医歯薬系学部を目指すコースとして設置されます。

募集人員35名×1クラスで少数精鋭となりそうな気配を感じるこちらも注目のコースです。

 

藤井寺市にはすでに設置されている四天王寺学園小学校に続き、来年新たに

「四天王寺学園中学校」(共学)

が設置されるなど、学園全体として非常に新しいニュースが続く伝統と革新がぴったりマッチする印象を持ちました。

 

女子校の共学化が進む中で、このような伝統校がさらに発展的な新コースの設置というニュースを聞くと嬉しいばかりです。

今後も大阪をリードする女子校として期待しています。

4月 6

先日雲雀丘学園中学校・高等学校より

「入試結果報告&学園を知る会」

という小中学生とその保護者を対象にした会のお知らせがYセミナーに届きました。

雲雀丘学園は昨夏に講演会をしていただいた前校長の中尾直史先生を中心とした学校改革によって人気校として注目されています。

今回は西宮での開催ですので、よい機会だと思います。

 

その

「入試結果報告&学園を知る会」

の詳細は下記の通りです。

日時 5月19日(日)10:00~11:30

場所 プレラにしのみや5F「西宮プレラホール」

※予約の必要はありません。

 

詳しくは雲雀丘学園までお問い合わせください。

チラシについてはYセミナーにもありますので、お渡しできます。

必要な方はご連絡くださいますようお願いします。

 

詳細は

http://www.hibari.jp/contact5/form05-3a.html

をご覧になってください。