学進舎Yセミナーブログ » 2014 » 4月

学進舎Yセミナーブログ

阪神鳴尾駅前の進学塾です。入試情報やお知らせ、ちょっとした日記も掲載します。
4月 21

今日はYセミナーに西大和学園高校の先生が来塾されました。

なかなか西宮には馴染みがない高校かと思いますが、実は…

兵庫・大阪私学が2月10日の入試に対して、

奈良県は2月6日に入試があるため

兵庫・大阪の高校と併せて受験をすることができます。

 

東大・京大・国公立大医学部医学科に

合計133名が

進学した実績からも最難関校の一つとして

今や注目の高校です。

 

その西大和学園が

5月10日(土)に千里中央で

5月20日(木)に梅田で

学校説明会を実施します。

 

関心のある人はチラシがYセミナーの教室にあるので、先生たちからもらってください。

4月 17

今日は新学区制度に向けて、先日のアンケートでも人気のあった

宝塚北高校に訪問してきました。

IMAG4027

 

今年から学科に改編された「GS科」を中心に宝塚北高校の特色をお聞きしてきました。

学校に入ると生徒の方たちの多くがきちんと挨拶をしてくれ、そして落ち着いた雰囲気でのびのびと高校生活を過ごしている印象を持ちました。

 

IMAG4029

 

 

Yセミナーでも大学進学の実績の良さ

(サンデー毎日では京大4【現役3】・阪大11【現役8】・神大13)

で注目していた高校ですが、今回初めて訪問させていただきました。

 

グローバルサイエンス(GS)科のお話では

京都大学や大阪大学との連携授業

として実際に京都大学で特別授業を受ける機会があったり、大阪大学の教授が宝塚北高校で授業をしてくださったりしているそうです。

京都大学や大阪大学を目指すモチベーションが随分高まりそうな機会を与えてくれることに驚きました。

また、GS科の生徒でも部活動との両立がしっかり出来るように意識され、多くの生徒が実際に両立しているそうです。

そして、第2学年に行われるシアトル研修。 7月に12日間の短期留学をアメリカのシアトルで行い、 英語による語学力もきちんと高めてくれる印象を持ちました。

「宝塚北高校のGS科は修学旅行が2回あるような感じです」

とお聞きしましたが、この研修旅行のことを聞いて進学を希望した生徒もいるということも納得しました。

 

詳しい内容についても 後日学校訪問レポートでお知らせ出来ればと思っています。 ぜひお楽しみにしてください。

IMAG4032

4月 14
リニューアル!
icon1 y_seminar | icon2 その他 | icon4 04 14th, 2014| icon3No Comments »

IMAG4014

Yセミナーの外観が変わりました!

どこかお気づきでしょうか??

 

気付いた方は先生たちに言ってくださいね!

4月 10

先日、雲雀丘学園中学・高等学校より

5月17日(土)に実施される

「入試結果報告&学園を知る会」

のお知らせが届きました。

hibari

この会は

西宮北口にある「プレラホール」

にて開催され、昨年も超満員だったと聞いています。

事前予約などは不要ですので、チラシが必要な方はお申し出ください。

 

詳しくは雲雀丘学園のホームページ

http://www.hibari.jp/

をご覧になってください。

4月 9

最近、秋田県が学力テストで1位を取っていることが有名になっていますが

先日岐阜県の大垣共立銀行グループのシンクタンク「(株)共立総合研究所」が

「平成25年度の全国学力・学習状況調査」の分析をもとに

いい子どもが育つ都道府県ランキング

を発表しました。

このランキングは

「生活習慣」「意志・人格」「家庭」など11項目をもとに評価されたものです。

 

さて、その中で兵庫県の順位はいかがでしょうか?

総合順位は実は…

29位

だったのです。

微妙ですね。。。

 

ただ、

生活習慣は40位

社会への関心は43位

コミュニケーション能力38位

と上位であってほしい項目に限って低い順位だったのが残念です。。。

 

正しい習慣、正しい行動が学力にもつながります。

詳しい内容は共立総合研究所のホームページ

http://www.okb-kri.jp/

をご覧になってください。

4月 5

いよいよ今日で春期特別講習会も終わり、来週から通常授業が再開されます。

2週間、あっという間でしたね。

 

さて、日曜日にあったお話ですが…

私(松田)が敬仰している先生、須原秀和先生がご夫妻で指導されている

「須原英数教室」

という塾が大阪にあります。

その須原英数教室の創塾35周年記念の教育講演会を開かれ、

大阪教育大学の英語教育講座 教授の加賀田哲也先生

「私と英語と英語教育」

というテーマで将来の英語教育がどうなるか?

詳しくお話くださいました。

今、日本の英語を話す力はかなり低いこと、今後の教育ではそこをどうすべきなのか…

海外に行くたびに私自身が苦労しているところなので、非常に関心を持って聞くことができました。

 

また、ミニ教育講演として

・灘中学校高等学校の和田校長

・東大寺学園中学校高等学校の矢和多校長

・清風中学校高等学校の平岡校長

のお三方が各高校の生徒さん・卒業生・歴史などを踏まえたお話をしてくださいました。

 

その後、講演会をされた先生方や多くの高校の校長・教頭先生とお話をさせていただき、有意義な時間を過ごすことが出来ました。

大阪での講演会ということもあり、長らくお会いしていなかった大阪の先生方とも再会出来たこともあり、

とても懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

また、初めてお会いした先生も多く、この場から新しいつながりがきっと増えることだと思います。

 

Yセミナーは保護者のみなさま、地域の方々、そしてさまざまな高校の先生方にも支えられて

今年も15年目のシーズンが始まっています。

 

須原先生が昨年、国際教育学会で初めて塾教育について講演された際に

「塾は第4の教育カテゴリーとして家庭・学校・社会をつなぐ存在にならなくてはならない」

という主旨のお話をされたそうです。

私も須原先生のアットホームでありながら、躾や礼儀を大切にされている教育を目指し、憧れるばかりです。

身近に目指したいと思える師となる先生がいるということは本当にありがたいものです。

 

これからも須原先生を目指してYセミナーもさらに進化出来るよう、頑張ろうと思います!